2017年1月21日土曜日

[2016 BEST ALBUM]ヨーロッパのヒップホップベスト5

今回は、2016年にヨーロッパのヒップホップレーベルから発売された音源の、個人的ベスト5を紹介!どのアルバムも好きな人は多そうだけど、色んな2016ベストを見ても殆ど入っていなかったのが残念でした。なので、ネットの音楽オタクが選ぶ2016年ベストアルバムとも違う、自分主観でよく聴いた音源を選んでみました!

Ivan Ave - Helping Hands


全曲MNDSGNのアルバム。個人的にMNDSGNのトラックは一昨年のKorean OdityとのVIVIANS辺りから本格的にハマったのですが、このVIVIANSのすぐ後にIvan Aveのアルバムが出て、まっすぐなIvanのラップと、まどろんだMNDSGNビーツにどっぷり。自分のMIXCDにも1曲使わせて貰いました。


SHUKO - Electric Relaxation


一昨年に出たUSのラッパーを多数フューチャーしたアルバムも絶妙なバランスの傑作でしたが、去年発売されたインストアルバムもソウルフルかつエレガント!シンセサウンドが気持ちいいブームバップアルバムです。BPM90から100ぐらいの曲が多く、日本人好みしそうな音なので、ラッパー諸氏に使って貰いたいな。


GUTS - Eternal


去年の夏はGUTSの音源や南国音源をヒップホップ感覚でつなぐMIX ばかり聞いてましたね。元々仏のヒップホップグループAliance Ethnikに居た人で、00年からスペインのイビサに移り、同じくイビサに居を移したNightmare On Waxに共鳴するチルなビーチビートを作り続けていました。去年のアルバムは楽器のレイヤーがとても気持ち良く、琴の音が美しいRest Of My LifeがTaste Of HoneyのSUKIYAKIを彷彿させて素晴らしかったです。彼のレーベルコンピも数枚出てるので、今度聞いてみようと思います。


Pomrad - Knights


ここ数年のブギー調な曲をいち早くオランダで取り入れていたPomrad。待望の1stアルバムは、ヤマハのデジタルシンセDX-7のようなオールドシンセ音を効かしまくったトラップから四つ打ちまで、パワフルに聞かせてくれます!個人的にはビートボックスとベースラインの始まり方がサイコーな四つ打ち曲のOut Like A Lightがお気に入り。ライブも迫力ありそうなので、来日して欲しいですね!


Blu & Union Analogtronics - Cheetah In The City


 2012年に出た1stアルバムもキラキラしたヴィンテージシンセ(友人のMr.Viktor曰く相当のシンセマニア)が響くビートが素晴らしかった彼らが、西海岸のラッパーBluと組んでアルバム出すとは思わなかったです。引き続きシンセのキラキラしたサウンドと、Bluの等身大なラップがいい感じに絡んでます。特にDam-Funkを迎えたウエッサイマナーなDont’ Tripがサイコー!日本の隠れたブギー作品満載なミックスCDを出したNOTOYAくんもDJでかけてて上がりました。


以上!余談ですが、USのヒップホップは渡辺志保さんが選んだものとほぼ同意でした。
あの中にD.R.A.M.とかKINGも加えたい感じですね。

[2016 BEST ALBUM] VOLOJZA編、Shirutaro編、めぐだお編もよろしくです!

2017年1月12日木曜日

[2016 BEST ALBUM] めぐだお編

第1回目のVOLOJZAくん第2回目の汁太郎さんに続き。
今回は!東京から長野や名古屋まで、日々盛り場をハシゴするパリピ女子のめぐだおさんの2016年ベスト!

「いつもライブを観てる人たち」とのことです!それではどーぞー。

Campanella「PEASTA」
ビートがRamzaとFREE BABYLONIAだけだからか冷たくてピリッとした空気感が最高。
ラスト2曲の流れが好き。



GRADISNICEのメローというかメロが聴こえてくるビートがISSUGIくんのラップを柔らかくさせててとてもいい感じ。




俺がお前の孤独も歌う、なんて仙人掌がいってくれるとは…!
毎日泣きながらきいてます。



Hi'Spec「Zama City Making 35」
2曲目のKOJOEとOMSBのパンチライン連打(最高)から始まり、ゲストのラッパーのやりたい放題感&エモさにぶっ飛ばされました。



SLUM RC「WHO WANNA RAP2」
東海の人たちならではのオラついたラップにストーリー性のあるリリック、本当に大好き。BUSHMIND先生によるTOO LATEがエモい。

2017年1月1日日曜日

[2016 BEST ALBUM] Shirutaro編

新年あけましておめでとうございます。


前回のVOLOJZAくんに引き続き、今回はサウスなどのラップやアイドルへの並々ならぬチェック量や、トラックメーカーとしての活躍も要注目なShirutaroさんの2016年ベストアルバムをご紹介!


1.Denzel Curry - Imperial 
Raider Klanの元メンバーでXXL Freshman 2016にも選出されたラッパーの10曲入りフリーDLアルバム。 この作品に関しては多くの方が言及していて今更僕がどうこう言うもんでもないんですけど、聴いてて思ったのは、カリーってこんなにかっこ良かったっけ?(RaiderKlan時代はあまりピンと来なかった)ってのと、フックの作り方が上手いなぁと。英語わかんない僕でも一緒に歌いたくなっちゃうような、そんな所にグッときました。あと収録曲の半数を手掛けるRonny Jのビートがとにかく素晴らしかった。


2.$uicideboy$ & Germ - DIRTYNASTY$UICIDE 
ニューオリンズ出身の白人ラッパー2人組と仲間のGermによる5曲入りフリーEP。 彼らの作品には珍しくThree 6 Mafiaネタはありませんが安定の気味の悪さ&激しさは健在です。音の暴力って感じ。Lil Ugly ManeをサンプリングしたM4、"Uzi Loogies"がハイライト。


3. 21 Savage & Metro Boomin - Savage Mode 
アトランタ出身のラッパーとビートメイカーのタッグ作。 最初から最後までひたすら暗く一筋の光も見えないこの世の終わりみたいな作品で好き嫌いがハッキリ分かれそうなアルバムなんですけど僕はどハマりしてしまいました。曲単位ではなく全体を通して聴いて欲しい作品。映画を観ているような気分になれます。M9、"Ocean Drive"を聴いてるとトランクに死体を積んだ車で海辺をドライブしている21 Savageの姿が頭に浮かびます。


4.Germ - Bad Shit 
$uicideboy$周辺のラッパーがサウンドクラウド上で発表した5曲入りEP。 5曲中4曲を"$crim"こと$uicideChristが手掛けていているので実質$uicideboy$の作品みたいなもんです。Memphis Rapの影響を受けまくったやたらと畳み掛ける息継ぎ少なめの念仏フロウがとにかくかっこいいのでぜひ聴いてほしいです。客演に$uicideboy$, Pouya参加。


5. Clams Casino - 32 Levels 
ニュージャージーのビートメイカーの12曲入りアルバム。 この人のビートを聴いてるとやっぱサンプリングは良いなぁと。相性抜群なんだからA$AP RockyやLil Bとがっちりアルバム作って欲しいです。M5の"Skull"、鳥肌モンです。

2016年12月31日土曜日

[2016 BEST ALBUM] VOLOJZA編


皆さん、大晦日をいかがお過ごしでしょうか?
色んな方が今年のベストアルバムを発表していますが、VLUTENT RECORDのVOLOJZAくんから
今年のベストアルバムを教えて貰いました!

ちなみに、CLAMS CASINOのアルバムにインスト付きがあるのを教えてたら、早速ビートジャックしてDont' Needって曲を作ってくれたのが嬉しかったです。



それではどうぞ!

VOLOJZA 2016 BEST

BLONDE/FRANK OCEAN

FREETOWN SOUND/BLOOD ORANGE

A Seat at the Table/Solange

Awaken, My Love!/Childish Gambino

ATROCITY EXHIBITION/DANNY BROWN

Feature Magnetic/KOOL KEITH

A Good Night In The Ghetto/Kamaiyah

32 LEVELS/CLAMS CASINO

Telefone/NONAME

Im' a piece of Shit/FATHER

Jerome Raheem Fortune/Rome Fortune

Don't Smoke Rock/Smoke DZA & Pete Rock

思いついたのを列挙。後、TribeのALBUM。






2016年8月24日水曜日

【MIXCD出しました】BEERSTORYについて。

6月末に初のMIXCDを発売しました。



今回のMIXは、去年の年末くらいにオファーを頂き、今年の1月末くらいから作業を開始し、6月始めに作業を終えました。

今回のMIXのテーマになったヨーロッパのHIPHOPですが、00年代初頭からターンテーブリストが多く関わっていたUK HIPHOPを良く聞いていたので、以降USと並行して、UKやフランス、ドイツやポーランドなどのリリースを追いかけてました。

そしてここ2、3年、ドイツのJakarta RecordsMelting Pot Musicを中心に、傑作と思えるリリースが多く、なんとか活かしたいと思ってました。

しかし現場でもネットでもこれらの音源の浸透度が浅く感じたので、もっと知って貰うためにと、老婆心でミックスにまとめてみた次第です。

(2016/09/21追記)遅ればせながら、SoundcloudにMIXのダイジェスト上げましたー。中盤10分ぐらいです。


(2016/08/27追記)収録曲はこんな感じになっています。


(9/7追記) サンプリングラブさまオニオンボーイさん足立の先輩鼎さんのブログに、ミックスの感想を書いていただいております!

(9/21追記) 女の子がよりビールを楽しむための情報マガジン、ビール女子さんに飲みながらインタビューしていただきました!酔った状態のテープ起こし見たら、自分でも恥ずかしかったので、だいぶ修正してもらいました笑


ミックスの狙い

自分の処女作を作りにあたり、頼れるDJの先輩方に意見を募ったところ、「最初の1枚は好きにやったほうがいい」という意見が多かったのもあり、好きな音源を順序立てて繋げてみました。

また、ここ最近は特に人が作らないような、ありきたりのテーマでないものを作りたいという気持ちが強かったのもあります。

ちなみに、Twitterの #本日のユーロヒップホップ で収録曲の一部リンクがあったり、TwitterやINSTAGRAMの #beerstory に情報や感想が上がってますので、ぜひチェックを。

制作秘話?

作成当初は土日などに時間を作り、じっくり時間をかけていたのですが、途中で煮詰まってしまいました。

このため、仕事から帰宅した平日の晩にビールを飲みながら作業を進めてみたら、見事に作業が進行しました。手段の為に飲むのって、アル中の始まりらしいですね笑 

あとは、2枚使いのスキルを盛り込んで、繋ぎなどにスクラッチを入れることも意識しました。最近少ない気がしたので。

タイトルについて

このタイトルは、昔パリとバルセロナに行った時にビールばかり飲んでた思い出があるのと、今回のミックスにも収録しているSUFF DADDYが、昔お酒を題材にしたタイトルの曲をよく作っていたので、これに倣ってみました。

このへんの話は、とある媒体で詳しくお話しする予定です!

SUFF DADDYのThe Gin Diaries



協力してくれた方々

まず、以前作成した韓国ラップMIXを聞いてオファーをくれた上に、腰が重い俺に付き合ってくれたAGAちゃん。

彼は茨城のDJ&MCクルー、ASTRO RECORDSの一員として、コンスタントにMIXCDを発売してます。

新作は00年代のハーコーHIPHOPがガツガツ入った、現場仕様な一枚です。

また、気軽にシャウトを録らせてくれたCHAPAHとONRA。

CHAPAHは千葉県柏のラップグループ、GAMEBOYSの片割れであり、去年の夏に出たアルバムに俺がスクラッチやビデオで参加してます。

ONRAはパリ在住のトラックメーカーで、去年出たアルバムがウエッサイ風味濃厚でまた良かったです。

MIXに収録したシャウトは、今年の来日時にポツリと物販ブースに居たので、酔った勢いでとってみました。

なんかお洒落なお客さんが多かったから、気が引けましたが。。

そして、どれを使うかとても迷うくらい、素敵なロゴ案を作ってくれたLOCOちゃん。

彼女はRHYNOSというデザイン集団の一員で、他にもshowgunnさんのMIXやフライヤーなどもデザインしてます。

さらに、音源の録音やマスタリングについて指導して頂いたsennaさんは、某店のバイヤーを行いながらも、温故知新なトラックの数々を作成していたり、数々のミックスCDのマスタリングも手がけております。

今後ともお世話になりたいですね。

最後に、ミックスの煮詰めの最中に、GarageBandの使い方についてご教示していただいたダクトさん。

徳利さんの仕事など、出自がハードコア?な感じのトラックにやられてます。その節は本当にお世話になりました!

・・まだまだ色々書けそうなことがありそうですが、長くなりそうなので後ほど追記します。

取扱店舗(2017/07/12更新)
ココナッツディスク代々木店
JETSET
THISONE(町田)
FOUNDATION(土浦)
SAFARI RECORDS(富山)
CRIB RECORDS(本八幡)
Brooklyn Project(広島)
UPT(水戸) 
LOT RECORD(ONLINE)
LocoSoul Records(ONLINE)

2016年1月20日水曜日

【全曲視聴リンクあり】The Best Hip-Hop & R&B Album & Songs of 2015など。


僭越ながら、国内の2015年ベストは2Dcolvicsさんに、韓国のHIPHOPはHIPHOP [K]ONVEYさんに
載せていただいたので、こちらではUSのRAPなどを中心に2015ベストを発表したいと思いますー。
フル視聴リンクも貼ってますので、気になる方はチェックしてください。

Hip-Hop

Joey Bada$$ - B4.DA.$$
→ https://www.youtube.com/watch?v=NFcJI3EeEbs

A$AP ROKEY - At. Long. Last. ASAP
→ https://www.youtube.com/watch?v=0zfXBme8Ygk 

Fashawn - The Ecology
→ https://www.youtube.com/watch?v=BnPlOiO1Mp0&list=PLtnTlqordA6Pppy1c9V2nxyRF4o3lEt4S

Dr. Yen Lo - Days With  Dr. Yen Lo
→ https://www.youtube.com/watch?v=-dnUADTPy7Y 

Kendrick Lamar - To Pimp A Butterfly(傑作!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Z-48u_uWMHY&list=PLJzLTReoSNQTGq2v7uNjqx3uOb99EKyip 

Dr.Dre - Compton
→ https://www.youtube.com/watch?v=D0j9wxBpkfI&list=PL9VYfbdl0VgAtQlDRetsGGGqpN4s5l_1K


Euro部門

Shuko - For the Love of it
→ https://itunes.apple.com/jp/album/for-love-it-deluxe-version/id945992014
 
V.A. - Autumn in Jakarta
→ https://jakartarecords-label.bandcamp.com/album/autumn-in-jakarta

Onra - Fundamentals
→ https://allcity.bandcamp.com/album/onra-fundamentals

R&B,etc

The Internet - Ego Death
→ https://www.youtube.com/watch?v=z32HJ7PHnKY&list=PLh-vD982F5Q-2wKqHaZrBiKYRzapbg9dP

Tuxedo - Tuxedo
→ https://www.youtube.com/watch?v=Q-gcfQhR_9c&list=PLWZhz2RTU86AmfS0u3UzGWLQONbhpeyGk
(フルではなく、Mayerのソロも含まれています)

Ty Dolla $ign - FREE TC
→ https://www.youtube.com/watch?v=fHNcZp5tusY&list=PLxfqM1_SoVZdTliw7VXFk3QlZqmI2WuZm

Erykah Badu - But You Caint Use My Phone
→ https://itunes.apple.com/us/album/hello/id1061192979?i=1061193901&mt=1&app=music 

Olivier St. Louis - Black Music

→ https://jakartarecords-label.bandcamp.com/album/black-music


Benny Sings - STUDIO
→ https://jakartarecords-label.bandcamp.com/album/studio

Cool Uncle(Bobby Caldwell / Jack Splash) - Cool Uncle
→ https://www.youtube.com/watch?v=rrSYcBTKnBE&list=PLG6HwR45rhr4lFyXo_Mm0BE9T-NJLzGhv

 
Songs 
Donnie Trumpet & the Social Experiment - Sunday Candy

NxWorries (Anderson.Paak & Knxwledge) - Suede  

OverDoz. - Last Kiss


Thundercat - Them Changes


Snakehips ft. Tinashe, Chance The Rapper


GoldLink - Dance On Me

 

Surprise producer - Mark Ronson (1stアルバムも今頃ツボりました) 

 





おまけ 去年好きでアナログにしてしまったブートリミックスをZIPでアップしました。

よかったらDLしてみてください〜。内容は開いてのお楽しみ。
Best_Boot_Remix_2015

さらに、2015年リリースのアナログB面を中心としたMIXも作りました。

大阪のマメンSatoyonくんは00年代アングラHIPHOPのB面縛りです。

1/22追記 下記ミックスが人気ブログ、Sampling-Love(サンプリングラブ)様に取り上げられました!

正月休み中頑張った甲斐がありました。

2016年1月13日水曜日

【2015best】aiwabeatzさんの「33回転screwedがハマる45'」

明けましておめでとうございます。
2016年最初のポストは、ここ数年個人的にもお世話になっているDJ/トラックメーカーの「aiwabeatz」さんに、2015年リリースの7inchの中から、33回転screwedがハマる45'(7インチ)を5枚選んでいただきました。


①OMAR-S - SIDE-TRAKX - VOLUME #3
待ちに待った『SIDE-TRAKX』シリーズの新作が45で、しかも歌モノ。こんなに自分泣かせの一枚はないですね。
これまでの『SIDE-TRAKX』シリーズ同様OMAR-SのHipHop的側面をフィーチャーした作品で、ただまあ今作は両面とも四つ打ちとmixできるくらいbpmが速いので33回転screwedで丁度良いくらい、というかscrewedが激ハマリます。ドラムのロウさとボーカルの浮遊感が際立つん ですよね。
OMAR-Sは自分にとって“HipHopのトラックメイカー”としてもフェイバリットに挙がるくらいマストな人。TechnoやHouseをあまり聴かないB-BOYもまずは『SIDE-TRAKX』シリーズをぜひ聴いてほしいですね。Detroit HipHopが好きならなおさらです。
彼自身、基本はTechno/Houseのプロデューサーですが、自宅スタジオにRZAのBOBBY DIGITALのポスター貼ってるようなヤツですから。
両面ともいいんだけど特に裏の“FAAHHUUUUUU”がオススメ。7inchのB面眠る危険。
----------


②SILK RHODES - PAINS
JAMES PANTSやDAM-FUNKの作品に顕著なんですが、STONES THROWの45って33で聴いてもカッコイイものが多い、っていうかJAMES PANTSに至っては明らかに狙って作ってると思うんですが、33回転screwedだとサイケ度が増してメチャクチャヤバイです。Dubの45と一緒ですね。まあJAMES PANTSなんてほとんどDub色の強いNew Waveの現代版ですからね。最高です。
話が逸れちゃいましたけど、 STONES THROWの45で今年ヤバかったのはこの一枚。A面“PAINS”はスローなサイケソウルで、B面“FACE 2 FACE”はディスコファンク。ユニット名の通りローズの音色がフィーチャーされた歌モノで両面ともイケますが、自分は“PAINS”をscrewするこ とが多かったですね。
とここまで書いておいてなんですが、よく調べたらリリースは'14年でした。でも今年よくかけたので入れさせて下さい。
----------


③asuka ando - ゆめで逢いましょう
ビッ クリしました。大阪にDJしに行ったときにSTOMPでこの45をかけていた人がいて、DJ後思わずアレなんですかって聞いちゃいました。STOMPのスピーカーで聴きながら、コレscrewしたら絶対ヤバイだろうなと思いましたもん。もちろん45回転で聴いても超名曲です。でも7inch買った人はぜひ 33回転で一度聴いてみて欲しいですね。そこでおっと思ったら今度はピッチも-8まで名一杯下げてみてください。
タイトルからして大瀧詠一の大名曲『夢で逢えたら』を連想させますが、勿論意識していると思います。本歌取りといいますか。甘酸っぱい男女の恋の歌ですね。ラヴァーズです。
“眠るまでの少しの間 青い吹き出しでおしゃべりして”って歌詞がありますが、LINEのことでしょうか? 現代的ですね。
自分は歌詞/タイトル繋ぎで、『夢想花』のレゲエカヴァーや『DAYDREAM BELIEVER』のレゲエカヴァーなんかと繋げることが多かったです。
でもってその次にカットされた“月下美人”もまた良くて。ただコレ、問題はB面。なんと大貫妙子“くすりをたくさん”をラヴァーズカヴァーしてて。くそヤバイです。しかも本家の大貫ver.も“都会”とのカップリングで7inchリイシューという。オリジナル⇔カヴァー、33回転screwedでleanに繋げてください。
----------

 
④井の頭レンジャーズ - ひこうき雲
この人たちの一連のレゲエカヴァー45シリーズはどれも素晴らしくて、それこそ上記のasuka andoをfeat.してのサザン“シャララ”/島倉千代子“愛のさざなみ”カヴァーなんてめちゃくちゃ最高でしたけど、その中でも一枚挙げるなら“ひこうき雲”ですね。
このユーミンの“ひこうき雲”自体、プロコルハルムの“青い影”を下敷きにしたものなんですが、“青い影”にも名カヴァーがたくさんあって。JOE COCKERのものなんかが有名ですが、ROLAND ALPHONSO はじめSkaやReggaeの名カヴァーも沢山あります。自分はLESTER STERLINGのインストカヴァーや、OCHI BROWN、PAT KELLYのカヴァーが好きでオリジナルと合わせてよくscrewedがけしますね。
まあつまり“青い影”には沢山のSka/Reggaeのカヴァーがあるんですが、この“ひこうき雲”のカヴァーもそれを下敷きにしていると言うか、そういった音楽的蓄積を踏まえた上でやっているところが憎いし、堪らないわけなんですよね。
更に言うと“ひこうき雲”の元ネタである“青い影”も、実はというか聴けばわかると思うんですがバッハの“G線上のアリア”、正しくは“管弦楽組曲 第3番第2曲 アリア”を大々的に引用しているわけで。サンプリングですよね。
バッハの“アリア”から“青い影”が生まれて、更にそこから“ひこうき雲”が生まれて、しかもそれぞれに色んなカヴァーver.がある。こういう音楽的繋がり、歴史的連なりを最近意識することが多々あって。面白いなあと思います。
逆に言うとこういう繋がりを無視したような、突然変異のような音楽が出てきたときの衝撃もものすごくて、それも音楽的、文化的面白さの大きなひとつですよね。
と ころでこの話題にバッチリな内容の45、しかも'15年作のものを最近仲間のYWK1くんに教えてもらって。EXOTICO DE LAGOって人たちなんですけど、そのタイトルが“AOI KAGE NO AIR”。そう、まさにAIR(アリア、G線上のアリア)を、ROLAND ALPHONSOの“青い影”カヴァーを参考にしてアレンジした曲で。繋がってますね。

追記:さらに井の頭レンジャーズの高木壮太氏の別バンド・CAT BOYSでは、前述の大貫妙子“都会”のオルガンファンクカヴァー7inchを'15年をリリースしてます。“都会”も実はMARVIN GAYE“WHAT'S GOING ON”を下敷きにしていると言われており、実際原曲はそれを思わせる曲調です。“WHAT'S GOING ON”にも様々なカヴァーがあり...、あとは言わずもがなですね。
----------


⑤K-MAXX - BE TOGETHER
CHERRIES RECORDSの010番です。'14年のレーベル008番“BIOLOGIA - NITE LITE”で注目し始めて、'15年の009番“BENJAMIN - THOSE MEMORIES”の裏面“THIS TIME”を聴いていよいよヤバイなと思っていたところに、K-MAXXのコレがリリースされて。この人のシンセの音色と歌声は33回転screwedが くそleanで合います。
CHERRIES RECORDSは'12年にシカゴで発足したModern Funk/R&Bのレーベルとのことですが、現在はNYをベースにしているみたいです。痒いところに手が届く感じで、DAM-FUNKや TUXEDOが好きな人はもちろん、WEEKND以降のIndie R&B/Alternative R&Bの流れを追いかけている人にもバッチリだと思います。
K-MAXXはSOUND BOUTIQUEから'12年にリリースされていた“SupaDrunk”っていう45が好きでよくかけていたんですが、今回CHERRIES RECORDSからリリースされて、自分の中で点と点が繋がった感じでした。黒すぎないDAM-FUNK、またはNITE JEWELをより黒くした感じ。なのでSynth Popが好きな人にも聴いてほしいですね。裏の“REACHIN' (PARADISE)”もグッドでした。